SSブログ
橋本真也さん ブログトップ

人生カウントダウン [橋本真也さん]

私は現在50歳である。人生が仮に80年であるとするなら、すでに10年前にその半分を経過した、ということになる。確かに40歳を迎えたときに、私は以前の結婚生活に決着をつけようと考えた。それは偶然人生の折り返し点だったのか、それとも必然的に差し迫った時期が40歳という年齢であったのか、どちらであるかは分からない。けれども明らかに言えることは、私は、10年前から残りの人生のことを意識し始めた、という事実だ。ところで、これはかつて経験したことのない、実際自分でも驚いてしまうような新たな視点であった。それまではハッキリ言って人生を振り返って、すくい切れていなかったものや、やり残したものに対しての感覚においてかなり鈍感であったと思う。しかし、残された時間を意識し始めると同時に、得られなかったものに対しての再挑戦?といったニュアンスの感情が大きなうねりとなってきた。もっと有り体に言うのであれば、「悔いを残さない人生とは…」といったテーマに目覚めたわけだ。

これこそがカウントダウン人生の始まりだ。すると風景が変わって見えるようになってきた。人は否応なしに必ず死ぬ。そんな眼で見始めたら、都会の街中で往来する数え切れないほどの人の群れが悲しく見えてきた。往年のスターの死亡記事を見れば、ああ、時代が終わっていくのだ、といった虚無感におそわれる…。そう、全ては無に回帰するのだ。そういえば、プロレスラーの橋本真也さんと仕事を2年ほど前にしたことがあった。何だかとてもやさしいくせに、できれば悪っぽく見せたい…みたいな、彼のキャラクターを、彼自身がどうこれからアレンジするべきなのかを迷っている風だった。でも、でも、彼のやさしさは彼がどんなに卑猥な言葉や乱暴な言葉を使っても、ばればれだった。彼も享年40歳…。カウントダウンを、さぁ、いよいよ始めようかという矢先に、逝ってしまった。

私はこれから何をなすべきなのだろうか?私にはまだまだわからない。時間が有限であることだけは分かっている。さて、これからのカウントダウン人生、何が待ち受けているのだろうか?


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
橋本真也さん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます