SSブログ

ジュリー [雑感]

この前、ジュリーのコンサートに行ってきた。いやはや30年ぶり

くらいだろうか。以前行ったのは「AWONDERFUL TIME」の時。

もちろん昔からのファンで「人生60年 ジュリー祭り」のCD

買って聴いて、いいなぁ〜、なんて改めて思い調べてみたら、名古

屋に来ることが分かり慌ててチケットを予約した。しか〜し、今、

ジュリーのコンサートは発売・即ソルドアウトなんですよ、奥さん。

チケット、確保するのに、はい、けっこう苦労しました。

 

でもって、行ってきました。昔の曲はほんの少ししか演らなかった。

ほとんどが最近の曲。ちょっとがっかりの反面、ストーンズもそう

だけど、ちゃんとアルバムを出してそのツアーを演っているという

ことが、何てかっこいいんだろう!と思ったわけ。

 

本人も「がっかりしたでしょう。でも、僕はこういうコンサートでは

ほとんど新しい曲しか演りません」と話していた。さらに「こんな時

代に仕事がある、ってことに実は感謝しています」と。男、沢田研二、

ますますファンになってしまった私。

 

話は全く変わって、オリンピックを見ていて感じたこと。いえ、特定

の選手がどうのこうの、ってことじゃありませんが…。スポーツ選手

があまり美しく見えないなぁ、と。私はへそ曲がりであるからして、

自分探しにモデルちゃんとでかけたりするサッカー選手も、球界の先

輩をリスペクトせず「おっさん」などと発言するメジャーリーガーも、

大嫌いだ。尤も彼らは人気投票では常に上位にランクインしているから

世間の人々は、彼らが大好きだということになる。

 

私が辟易するのは、近ごろのスポーツ選手が「感動」という言葉を

やたらと口にすることだ。自分が感動すれば、見ている人も「感動」

するんだと勘違いしている。アルベールビルで、演技の最初に失敗

したトリプルアクセルに果敢に挑戦して銀メダルに輝いた伊藤みどり

さん。私はあの時に、金メダルよりも輝かしい銀メダルがあることを

知った。それこそ「感動」した。

 

何を言いたいのか?「感動を与えられるような選手に」与えられる、

って、別にお願いしていませんが…。こういう言い方がどうにも。

以前書いたが「自分を褒め(てあげ)たい」も然り。言葉がどうにも

定型化していて、それをやたらとみんなが使うから、誰のインタビュ

ーも同じように聞こえる。

 

ズボンを下げて、ネクタイをゆるめた選手の言葉の方が、自分の言葉

で話そうとしているようで、本心が伝わってきて、私的には好感が持

てた。なぜだろう?亀田ファミリーや、朝青龍は好きになれないが

(とこう書くと本当の彼らはとってもいい人で…となるのだが、だっ

たら最初からいい人でいれば、と私は思う)彼には嫌悪感を感じなか

った。あ、行為は叱られて当然だと思いますよ。だって、クラスに

ひとりくらいいたでしょ、ああいうタイプ。みんなで「それ、先生に

叱られるから、やめとけ」って、みんなに注意される奴が。

 

今日はこの辺りで。


nice!(15)  コメント(11) 

nice! 15

コメント 11

okko

テレビでしか見たことありませんが、あの当時の人気歌手、年とともにいい味をだしていますね。
「楽しんできます」という言葉も嫌いです。楽しまないで~、税金で。
税金といえば、これほど沢山の選手・役員・スタッフを送り込む必要があるのでしょうかね。ウチでは怒っています。この不況の時代に。
by okko (2010-02-24 10:18) 

okko

オッと、ナイスの数が777、ラッキーセブン!
気分いいですね~。バアサン、踏んじゃった!
by okko (2010-02-24 10:19) 

engrid

いましたね。でも、憎めないやつだったりしましたよ
by engrid (2010-02-24 16:34) 

Studio-Oz

こんばんは。

ジュリーのコンサートへ行かれたようでよかったですね!!
僕も、生演奏が聴きたいですね・・・。
僕のジュリー初体験は多分「勝手にしやがれ」だったです。
とにかく、かっこよくて歌が上手くて声がいいな~と。
あと、今思い出してみるとメイクや衣装、かなり尖っていたのかな~と思うんです。(笑)

by Studio-Oz (2010-02-24 20:31) 

toro

友人にジュリーの熱狂的なファンがいますが、それはそれは
コンサートに行くにも力が入っていますよ~。
ジュリーのかっこよさは、実は全く媚びていない感じだからかな、
と思っています。
スポーツ選手のあれは、一体何なんでしょうね…。
ちゃんとした言葉遣いとは思えない、奇妙な頭の悪さと言ったらいいか。
私も例の彼は、自分の言葉で話そうとしていた人だと感じていました。
by toro (2010-02-25 11:11) 

yutakami

一般に現代の言葉には、(当然私は一般以下ですが)もりけんさんほど、言葉の使い方に含羞などないのでしょうね。
ニュアンスは文化。したがって説明は難しいし、時空間を共有しない世代では切れがちなのかもしれません。

今、米語の「依頼」「許可」「提案」「勧誘」が、文法的ではなく、yesにせよnoにせよ答えが様々「それはこっちには使わない、なぜなら・・・」みたいな授業を聴いて練習していますが、どこで「慮り」や「配慮」「婉曲」の気持ちを込めたり、それは言いすぎと線引きをするか、はやっぱり(意外に心は日本人とアメリカ人で同じ部分=相手を嫌い、相手の気持ちを否、とは直接言いたくないといった気持=があると思う一方で)表現は、説明されたとしても「ピンとこない」のが少なくないのでした。

「自分を誉めたい」「自分探し」「私(ワタシ)的には」「とりあえず(どんな意見にも必ず冒頭に付く)」・・・

ま、18歳からの若者とのやりとりに、言葉面(づら)はどんどん「どうでもいい」と麻痺してますが・・・

妄言多謝。


by yutakami (2010-02-25 16:10) 

もりけん

okkoさん、
そうそう「楽しみたい」も、書こうと思っていて忘れてしまいました。なーんで、楽しんでもらわなきゃ
いけないんですかねー。それから777!気が付きませんでした。ありがとうございました。

engridさん、
私も、そういうタイプは憎めないんです。

Studio-Ozさん、
ジュリーのアルバムで、私のお薦めはJULIEⅵ「ある青春」です。「気になるお前」を始め、いい曲が
いっぱいです。

toroさん、
そうなんですよ。全く媚びていないんです。それがけっこう清々しくて、いいんです。スポーツ選手の
あれですよね…。某女子スケート選手なんて、ショートプラグラムの演技が終わった後にブースで
しゃべった言葉が「犬の名前」ですよ。「エアロ〜、こまち、ティアラ−」ですよ。(笑)

yutakamiさん、
自分を誉めたい、とか、自分探しの旅、とか、英語ではどのように訳されるのでしょうか?自分で自分を
誉める、なんて、英語で言ったら、きっと間違えて言っているのだろう、って思われそうですよね。
ところで、常に向上心の固まりのようなyutakamiさんには、頭が下がります。アメリカ生活、体調にも
留意されながらお過ごしくださいね。
by もりけん (2010-02-26 17:49) 

ばくはつごろう

今思うと、ジュリーの歌は大人な歌詞でしたわー。
by ばくはつごろう (2010-02-27 09:10) 

ぼんぼちぼちぼち

ジュリーの曲の中では「時の過ぎゆくままに」が一番好きでやす。
その頃に創られたドラマ「悪魔のようなあいつ」も夢中で観てやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2010-02-27 20:05) 

もりけん

ごろうちゃん、
そう。大人だったんです、歌詞が。あなたの写真を裏返し〜、とか指輪外して愛し合う〜とか。

ぼんぼちぼちぼちさん、
そういえば、私も「ぼちぼち行こか」大好きです。俺の借金ぜんぶでなんぼや〜。「悪魔のようなあいつ」、
見てましたか。私も夢中になって見てました。3億円、壁の中にありましたねぇ。
by もりけん (2010-02-27 23:07) 

みかまん

行ってみたいジュリーのコンサート。
男ジュリーとそれに続くエピソードが男もりけんに通じますねぇ。
上手く書けないけどわかります..
世の中が騒ぎ立てるポイントがズレテキチャッタ感じ?
by みかまん (2010-03-01 02:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
浅川マキさん猫とアヒル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます