SSブログ
STORY ブログトップ

不可解な冒険小説1 [STORY]

板倉さんちの2階を見上げると、窓の桟に腰掛けている女の人が見えた。

ふいうちを食らったみたいに僕はびっくりして、ちょっと顔を赤くした。

しかも、その女の人は僕に話しかけてきた。「ボク、どこの子?」

 

実は、いちばんはじめにその女の人と目があった時に、僕はそれなりに

動揺していたので、声までかけられてその動揺はさらに大きくなって、

逃げ出したいような気持ちになっていた。

 

とは言え、そのまま逃げ出しても近所のことだからまた出くわすに違い

ない。しどろもどろになって答えることにした。ただ、何を言ったのか、

皆目覚えてはいない。

 

後で分かったのだが、その女の人は板倉さんちの親戚で、当時女子大に

通っていた人らしかった。その人が遊びに来ていた。いや、ひょっとした

ら板倉さんちに下宿していたのかも知れない…。忘れてしまった。

 

僕にしてみれば、その人はすっかり「加賀まりこさん」みたいな感じで、

服装も垢抜けていて、ちょっとばかり下半身が反応してしまうような、

そんな、否応なしにあきらかに女の人!っていう電波を出していたので、

小学生の僕は、じぶんの狼狽ぶりが却って焦りを増幅してしまい、一体、

この気分にはいつ句読点やら、丸を付けたらいいもんだか、さっぱり

分からなくなっていた。

 

しばらくして気が付いたのは、あの状況は、おふくろに教えてもらった

長谷川伸の「一本刀土俵入り」の駒形茂兵衛みたいだってこと。2階から

声をかけられるって、っていうのが実にそういう感じがした。ってことは

あの人は御茶屋のお蔦さんかよ。そりゃ、申し訳ないからかぶりを振って

いや、やっぱり似ていないことにした。

 

板倉さんちには娘さんと息子さんがいて、どちらも僕より歳が下だった。

お父さんも、お母さんも、いつも格好よかったし、だいいち僕のように

家庭環境がちょっと…、みたいな子どもにもとても優しかった。


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

温泉旅館とカツラ [STORY]

親戚の叔母さんは旅行が大好きで、よくその時の話をしてくれる。
これは、その中のひとつ。叔母さんがある温泉旅館に友人夫婦たちと
いっしょに泊まった時のこと。

その友人夫婦のご主人はカツラを着用されていて、さて大浴場に
行こうかな、と考えた時ふとあることが不安になったそうな。

それは、大浴場に行く時にはカツラを外して行くのだけれど、もし、
自分たちが部屋にいない間に仲居さんたちが部屋に入ってきたら、
カツラを発見されてしまう!

なぜだか、お風呂に行く時に外すのはさほど恥ずかしくないのだが、
部屋の片隅にカツラがぽつんと置いてあるところは、これから食事の時
などに顔を合わせるかもしれない仲居さんには見られたくない…。

叔母さんは、その友人夫婦のご主人がカツラであることは知っていた。

そしてそのご夫婦といっしょに大浴場に行き、浴場から出た後に何だか
ちょっとその友人夫婦の部屋に寄って行くことになったらしい。

部屋に戻ると早速、友人夫婦のご主人が隅の方へ行って、なにやら背中を
向けてごそごそ始めたとのこと。叔母さんは何をやっているのかが気に
なってその奥さんに聞いた。「何をしてるの…?」

ご主人は部屋に備え付けの金庫からカツラを取り出しながら「仲居さんに
見つかると格好悪いから金庫にカツラをしまっていたんだよ」と教えて
くれた。

叔母さん、金庫から出てきたカツラを持っているご主人を見て大爆笑!
曰く「金庫にカツラをしまっている人、初めて見たわー!」

いえ、その話を聞いて、私もひっそりと金庫にしまわれていたカツラを
想像してちょっといい気分になってしまったので、みなさんにお披露目
したくなった次第。



nice!(16)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
STORY ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます