SSブログ

アジア大会 [思い出・雑感]

アジア大会。子どもの頃は、ほとんどの種目で日本が金メダルを

取っていて、日本のためにこの大会は開催されているのだろうか?

などという気持ちでいつも見ていた。

 

陸上も水泳も体操も…。すべての種目で、基本的にすべて金メダルは

競技を始める前から、日本にほぼ決まっていた。それが…。いつしか

日本の定位置だった金メダル獲得数ナンバー1は、中国になっていた。

 

今でも陸上競技で、沢木啓介選手が走っているシーンは記憶に残って

いるし、何だかどの競技もダントツに日本、という印象だったのに…。

 

こういうことが時代の趨勢というやつなのだろう。傲る平家は久しか

らずや…。行く川の流れは絶えずして…。まぁ、時代は変わるわけだ、

それはボブ・ディランの歌のように。

 

それらを受け入れることを拒否すれば、今のこの時代には生きていけ

ない。挨拶もしない。マナーも守らない。尊ぶこともしない。もちろん

謙譲なんて言葉は死語だ。

 

私は、実はそういう変わってしまった時代に適応できない自分が、ひどく

情けなく、故に、悲しい。これから、もうきっと私が思う、否、願う

日本人像は生まれてこないのだろう、と諦観している。

 

それはまさしく、ものの見方や感じ方、倫理観をも含めた私が望む日本、

そして日本人が、既に限りなく少数派としてしか認められなくなった、

という証に過ぎない。

 

アジア大会の話を持ち出したことは、つまり中国という国のものの見方を

受け入れること、それが即ち日本人のアイデンティティ喪失と無関係では

ないように思ったからだ。そしてそれが否応なしにスタンダードになる。

 

怒りは捨てたし、達観も訪れない。時の流れを傍観するだけにしよう。


nice!(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます